エジプト旅行記(16)

搭乗前にトイレへ行くとそこにはトイレおばさんが・・・

空港だからホントはバクシーシを払う必要がないのだけれど、

面倒だったし、エジプトポンドがまだ残っていたので1ポンド渡した。

するとおばさんは「ありがとう」みたいな事を言いながら抱きついてきて、頬に軽くキスをしてきた!

すごくビックリしたのと同時に、たった1ポンド(日本円で20円)を

あげただけであんなに喜ぶなんて・・・それがひどく心に残った。

日本では使えない残りの3ポンドも全部あげればよかったと後悔した。

たぶん全然たいした事じゃないのに、どうしてこんなにいつまでも気になるのか・・・

エジプトの貧困層の実態の一部を、実際に目にしたからなのだと思う。

出発までまだ時間があったので、会社へのお土産をお買い物。

味はわからないけれど、とりあえずアラビア文字が書いてあるチョコ菓子(甘そうかな~?)と、

クレオパトラという名前のタバコを購入。

時間に余裕があったはずなのに、私達が最後の搭乗者になってしまった!

係のおじさんに「急げ!」と怒られ、大慌てでバスに乗り込む。

結局パイロットの人達と一緒になってしまった!

ふ~危ない危ない・・・乗り遅れたらどうなっていたことやら。

なんとか無事飛行機に乗り、いよいよ日本へ・・・13時間のフライトへ突入。

はっちゃんのお母さんがおにぎりとおしんこを持たせてくれたので、

機内食をつまみにおにぎりをほおばる。美味しい。。

ほんと日本人で良かった~~

飛行機にあった週刊誌を読みながら時間潰し。あとは寝るしかない!

でもだんだんエジプトが遠ざかっていくと、淋しい気持ちになってくる・・・

また絶対来るからね!って心でつぶやく・・・

そして遂に成田へ到着。10日振りの日本。すごく天気が良くて暖かい。

荷物を受け取った後みんなそれぞれ家路へ。

楽しかった旅行ももう終わり・・・また現実の世界へ。

家に帰った後さっそく荷物を片付けてスーツケースを返却に行く。

今日の夕飯は生野菜とお漬物とお味噌汁だ~!!

そして明日から仕事だ~~ガ~~~~~~ン~~~~~~

げ・ん・じ・つ・だ~~~~

今回の旅は一日一日がすごく充実していて本当に楽しかった! 

またいつかみんなで旅行に行きたいな!

サッカーのアフリカ大陸選手権は、みごとエジプトが優勝!!

きっとみんなすごく盛り上がっているのだろうな~

(追 記)

モハメドは研修期間中に2度も失敗を繰り返し、

なんと首になったらしい!!

そしてフセインは、お金持ちのお嬢様と婚約したのに

自分から解消したって!

う~ん人生色々ってとこですか~~??

| | コメント (0)

エジプト旅行記(15)

はっちゃんのお母さんも一緒にモハメッドアリモスクへ。 Cimg2265

Cimg2270 巨大なドーム型ですごく綺麗なところだ。

内装は豪華で大きなシャンデリアやたくさんのランプがあり、ステンドグラスも素晴らしかった!

中庭にはフランスから贈られた時計があったが、今は動いていなかった。それはルクソール神殿のオベリスクを贈ったお返しに貰ったものらしい。

あのパリのオベリスクがエジプトから贈られたものだったなんて知らなかった。

その後ハンハリーリ市場に行ったのだが、時間がなくなってしまったので、ゆっくり買い物が出来なかった。残念。

何とかお土産用のTシャツとタオル等を買ったけど、もっと見たかったな~

こんな事なら、時間のあったハルガダでお土産を買っておけば良かった。

後悔先に立たず・・・ってところかしらん。

空港へ向かう道路は結構混んでいて、チェックインに間に合うのかちょっと心配になった。

そういえばエジプトではとにかく路上駐車が多い。二重三重は当たり前だ。

しかも一列目は処罰対象にはならないらしい。

道路にある車は、信号待ちをしているのか路駐しているのか区別がつかない。

そして路駐する時はサイドブレーキをかけないらしい。

たくさん止まっている車の中から自分の車を出す時に、手で他の車を押して出す為らしい。

だから夜自分のアパート前に車を止めておくと、朝になって数メーター先に車が移動している事も珍しくないんだって!

エジプトって一体・・・

バスの中、フセインとモハメドの二枚目三枚目コンビで日本デビューさせたら

人気が出るかも、という話でみんな盛り上がった。

フセインは言っている意味が分からないようで、「二枚目?・・・一枚目はないんですか?」と聞いてきた。

私が「一枚目はないよ。二枚目はカッコいい、モハメド!三枚目は面白いフセイン!」と説明するとみんな大爆笑!

モハメドは雰囲気で分かったのか、こっちを見て笑っていた。

フセインだけ相変わらず意味が分からずキョトンとした顔をしていた。

それがすごくおかしくて笑いが止まらなかった。

空港に着くとそこでフセインとモハメドとはお別れ。そしてエジプトとも・・・淋しいな。

| | コメント (0)

エジプト旅行記(14)

1月29日(日)

朝6時過ぎにカイロへ到着。ホームに降りるとモハメドがいた!

私は思わず「あーモハメドだぁ~」と叫びながら彼の所へ駆け寄った。

モハメドはカメラを持ってきていて、みんなでホームで記念撮影。

そしてモハメドから「プレゼント」と言って渡されたのは、エジプトの絵葉書2枚。しかも1枚には、自分の住所とメールアドレスが書いてある!う~ん、ちゃっかり者め~!!

Cimg2255 まだ朝早いので、一旦はっちゃんの家へ行く。

そこでみんな顔を洗ったり、荷物の整理をして身支度を整える。

朝食に日本食が用意してあった。うれし~い!お粥とおしんこを食べる。おいしい~!

そこからエジプト考古学博物館へ向かう。 Cimg2260 主な所をフセインが案内しながら説明してくれるが、とにかく広くて、しかも展示物が多すぎてとても時間が足りない。

全部見るには数日必要な所だ。

9割が本物で、レプリカは殆どないらしいし。

また来る機会があったら、今度はゆっくりと見てみたいな。

昼食は、はっちゃんのお母さんとみこちゃん、ヌールも一緒に。

小綺麗なレストランで、従業員の人達もとても感じが良かった。エジプト人は子供が大好きで、レストランでは従業員の人達が子守をしてくれるらしい。

実際ヌールもずーっとお店の人達と遊んでいた。

メニューは鳩のグリル。 Cimg2262

私はだいぶ体調が良くなっていたので半分だけ食べる事が出来た。

香ばしくておいしい。。やっと普通食が食べられるようになった。

ここでヌールとみこちゃんとはお別れ。みんなと一緒に出掛ける気だったヌールは大泣き。ちょっと可哀想だったな。

| | コメント (0)

エジプト旅行記(13)

今日は寝台列車でカイロへ移動する。駅へ向かう途中でバスを降り、市場を歩くことに。スカーフを買おうか迷ったけど、おじさんが全然値段交渉に応じてくれないので結局何も買わなかった。

寝台列車は初体験。ちょっと狭いな~でもそれでも一等車両だった。 Cimg2237 Cimg2238

私とモミの席とマチャとサトチンの席はドアを開けると行き来できるようになっていた。

そこに配られた夕食を持ってリエちゃんとチエちゃんもやって来た。みんなで一緒に食べることに。

そこでモミから「お誕生日おめでとう!」と声が掛かる。そうだ今日は私の誕生日だ。

みんなで祝ってくれた!モミとキヨちゃんモコからのプレゼントを貰う。

シャネルのパレットだ!うれし~い!みんなありがとう!!

途中の駅で列車が止まった時、モミが「カーテン開けてみようよ」言うので開けてみるとそこには若いエジプト人のお兄さんが立っていた。じーっとこっちを見つめている。

するとどんどん人が集まってきて、私達はほとんど見世物状態になっている!きっとこんな田舎町では、日本人なんて見たことがないに違いない。

気づけば10人以上の人が窓の外に立ってこっちを凝視している。

私は怖くなったのだが、あまりの出来事になぜか笑いがこみ上げてきてしまった!

いや~ホント驚いた!

夕食が終わると係のおじさんがイスをあげベッドを用意してくれる。

私が下でモミが上で寝ることにした。

途中電車がガタガタと音をたてて揺れる。電車が壊れそうでちょっと不安になったよ。

| | コメント (0)

エジプト旅行記(12)

1月28日(土)

バスでアブ・シンベルへ向かう。体調はだいぶ良くなってきた。まだお腹の方がダメだけど・・・夜明け前なのでバスの中で少し眠る。単調な砂漠の中を走っていると、だんだん夜明けが近づいてきた。 Cimg2157 Cimg2159

リエちゃんが「出た!」と叫んだので、急いで起き上がって窓の外を見ると、太陽がゆっくり昇って来た!何もない砂漠が真っ赤に染まっていく。エジプトの砂漠で日の出体験!すごく感動!!遮るものは何もない。日本じゃ絶対見ることが出来ないね。

アブ・シンベルに到着。4体のラムセス2世像が正面にあるアブ・シンベル大神殿とネフェルタリ神殿を見学する。中は写真撮影禁止なので、自分の目に焼き付けるしかない。

Cimg2163 たくさんの石像やレリーフがあり、どれも素晴しい!こんなすごいものを造ったラムセス2世ってホントすご過ぎ!

Cimg2180

観光後アスワンへ戻って昼食。エジプト料理を食べる。そこで驚く事が・・・私とサトチンのご飯だけお粥だった!フセインの気遣いだね。でもどうやってお粥の事調べたんだろ?はっちゃんにでも聞いたのかしらん??めちゃめちゃうれしかった!!美味しそうなエジプト料理は、モロヘイヤスープ以外食べる事は出来なかったけど・・・

その後ファルーカ(帆かけ船)でナイル川遊覧。

Cimg2209 ヌビア人が舵を取るのだが、彼らは独特の言葉を話していて、それはアラブ人でも分からないという。そういう文化はいつまでもなくならないで欲しいなと思った。

そしてアスワンハイダムへ。ダムというより巨大な湖か海のように見える。ここだけすごく近代的な感じがした。

切りかけのオベリスクには私達以外誰もいなかったので、ゆっくり見る事ができた。

Cimg2220 ここでまたまたフセインが忘れ物!受付に携帯電話を置き忘れたらしい・・・まあ運よくあったから良かったけど、しっかりして頂戴な!

「香水を売ってるお店に行きたいですか?」と言うので、みんなで「行きたい。」と答えると、予定を変更して香水店へ。

香水の原料は、なんとエジプトからフランスなどへ輸出しているんだって!知らなかった・・・それにアルコール分を調合して販売しているらしい。

色んな匂いを試してみて、とりあえず自分用にひとつ購入。(ちょっと甘めだったかな・・)

お土産用に香水ビンを選ぶ。結構いい値段するんだな。みんなで値段交渉。

社長さん?が根負けして安くしてくれた。

エジプトでの買い物は値切るのが常識。私は苦手なんだけど、チエちゃんやマチャがいるから心強い。。

| | コメント (0)

エジプト旅行記(11)

1月27日(金)

まだ体調不良。熱は下がったみたいだし、嘔吐の症状はなくなったようだ。でも何も食べたくない。とりあえずみんなより遅れてレストランへ。モミが気遣ってくれて、パンや飲み物を運んでくれる。オレンジジュースは美味しく飲めたが、何故かリンゴジュースは胃が受付けない。それと小さいパンケーキをやっとの思いで飲み込んだ。でもそれ以上は食べる事が出来なかった。

今日は「王家の谷」や「ハトシェプスト葬祭殿」などに行く予定になっているが、残念だけどとても行けそうにない。無理して行っても、みんなに迷惑を掛けるだけだし・・・泣く泣く断念。楽しみにしていたのに、2日も寝込むはめになるとは・・・普段、腸は丈夫なはずなのにな・・・涙・・・みんなが帰ってくる午後まで、ひたすらベッドで寝ていた。 Cimg2088

Cimg2109 トイレへ行く回数は昨日よりだいぶ減ったようだ。午後みんながホテルへ戻ってきた。ジュースやパンの入ったランチボックスを持って来てくれたが、やっぱり食べる事が出来ない。マンゴジュースだけバックに入れて持って行く事にする。

今日はかなり暑くて、しかもたくさん歩いたらしく、「無理して行かなくて良かったよ。」とモミが言っていた。列車でアスワンへ移動するので、チェックアウト後駅へ向かう。

ここで事件発生!バスの中でフセインが言った。「私キー返すの忘れました。」エ~~!!「チェックアウトはしたの?」と誰かが聞くと「覚えてません。」・・・って大丈夫なのか~?まあキーはカード式だから問題はないだろうけどさー。

フセインは時々変な日本語を話す。「まもなく着きました。」とか「みなさん忘れ物しましたか?」とか(彼が忘れ物多いんだけど)・・・面白いから特に指摘もしないんだけど。本当は日本語を勉強している彼には、間違いを教えてあげた方がいいのだろうけどね。

駅に着き、普通の特急列車に乗ってアスワンへ。席は2人掛けと1人掛けになっていて、体調不良組の私とサトチンは1人掛け用に座った。

列車の中では、日本と同じようにお茶やコーヒーを売りにやって来る。観光客風の人は私達だけで、あとは地元の人らしかった。普通のエジプシャンと同じ雰囲気が味わえて、ちょっとだけうれしかった。まあとても綺麗とは言えない車内ではあったけど・・・

ところでエジプト人の服装は色々だ。普通にジーンズを履いているし人も結構多く(ただ女性は頭にはスカーフを被っていた)、実際フセインも初日だけスーツを着ていたがそれ以降はずーっとジーンズだ。年配の人や田舎の方にいる人は、いわゆる民族衣装のような長いスモック風の服を着て、頭にターバン?を巻いている。日本人の私には不思議な光景だった。

アスワンは結構大きな町で、都会だったので驚いた。今日泊まるのは、ナイル川の中ほどにあるエレファンティネ島にあるホテルだ。

島までボートで移動するのだが、ここでまたまた事件発生!ボートに乗ってしばらくしても出発しないので、どうしたのかな?と思っていたら、何とフセインが、バスの中から自分の荷物を降ろすのを忘れてしまったらしいのだ!オイオイ大丈夫かぁ~?バスの運転手に連絡を取って戻って来てもらい、無事事無きを得た。「大丈夫です。」とは本人の弁だが、私達以外にもお客さんがいるんだから、大丈夫なわけないだろ~~!

ホテルに着いて遅い夕食。レストランでバイキングだが、やっぱり食べたくない。リエちゃんが海苔とふりかけと日本茶を持って来たというので、フセインに頼んで白いご飯をパックに詰めて貰い、熱いお湯を部屋まで運んでもらうようにした。

部屋でそのご飯でお茶漬けもどきを作って食べた。(モミが持って来た干し梅もあったし)梅干を持ってくれば良かったと後悔。まさかこんな事になるとは思わなかったから・・・やっぱりいざという時は日本食がいいね。ご飯はタイ米のようでパラパラしていて美味しいとは言えなかったけれど、久々にご飯を食べる事が出来た。

ここでは仮眠を取る程度で、明日は夜明け前に出発だ。

| | コメント (0)

エジプト旅行記(10)

1月26日(木)

朝方寒くて目が覚める。しかもものすごい頭痛がする・・・昨日海から出た後寒かったから風邪でもひいたのかな?と思い、日本から持参した風邪薬を飲んで寝た。

起床時間になり支度を始めたが、頭痛が治らない。食欲もない。とりあえず何か胃に入れないと薬も飲めないと思い、何とかヨーグルトとパンを少し口にする。サトチンも体調が悪いらしい。バスで移動中、今度は吐き気もしてきた。でも何とか我慢できたが・・・

ルクソールへは団体で移動する。集合場所があり、そこにどんどん観光バスがやって来る。そこから警察が誘導して行くのだ。以前テロがあったからだろうな。

エジプトでは銃を持った警察官をたくさん見掛ける。でも日本という平和な国に生まれた私にはそれが全然怖くない。何故なら、現実味が全くないから。まるで映画を観ているような感覚でしかない。銃は人を殺す道具だというのに・・・

途中のトイレ休憩時に席から立ち上がると、目の前が半分ぼやけて見えた。どうやら熱まで出てきたらしい。フラフラしながら何とか頑張って歩いた。

ルクソールまでは3時間ぐらいだとフセインが言っていたが、結局5時間近くかかった。着いてすぐ川のほとりにあるシーフードレストランで昼食。でも私もサトチンも全然食欲がない。目は食べたいと思っていても体が受付けない。

お店の人が料理に手をつけない私達に「No good?」と声を掛けてきた。サトチンがお腹の調子が悪い事を説明すると、「これはお腹にいいよ。」とレモン汁をお湯で割った飲み物を持って来てくれた。本当はかなり酸っぱかったのだけど、お兄さんの優しい気遣いがすごくうれしかったからちょっとだけ無理して飲んでみた。

そこの料理はとにかく量がすごかった!一体何人分なの?という量の料理が、一人分として目の前に運ばれて来る!それも何種類も!健康体でも絶対全部食べるのは無理!!

Cimg1884 Cimg1886

Cimg1888 Cimg1889 そしてとどめがデザート!皿いっぱいに超甘そうなお菓子が並んでいる!それが運ばれて来た時、ずーっと我慢していた吐き気が頂点に達した!口を押さえて席を立つと、お兄さんがすぐ気づいてくれてトイレまで案内してくれた。ちょっと吐いた後は少しだけ楽になった気がした。

スケジュール表通りだと、この後ホテルへ寄ってからルクソール神殿へ行く事になっていたのだが、フセインに聞くとこのままルクソール神殿へ向かうという。予定がかなり遅れているから仕方ないか・・・「バスを降りないで中で待っていてもいいですよ」と言っていたのだが、私達の体調を気遣ってくれ、結局先にホテルへ向かってくれた。

チェックインの後、部屋でモミを見送ってからすぐ横になる。頭痛・熱・嘔吐に加えて下痢も始まった!1時間もしないうちにトイレへ駆け込む状態が夜まで続く。

ルクソール神殿は楽しみにしていたので、行く事が出来なくてすごく残念だったけど、ハッキリ言ってそんな事考えてる場合じゃなかった!ホテルに先に寄ってもらって本当に良かったよ。あのままバスの中にいたらどうなっていた事か・・・今思うと恐ろしい・・・

朝からほとんど食べていなかったので、吐いても胃液しか出ない。最後には胃液さえ出ない状態なのに吐きたくなってトイレへ・・・下痢も止まらないし・・・自分の体は一体どうなってしまったんだろう?と思った。こんな酷い状態になったのは生まれて初めてかも。

夜みんなが帰って来た。ルクソール神殿はとてもステキだったみたい。夕食は中華料理で、体調不良で寝ている私達に持ち帰って来てくれた。でもとても食べられる状態じゃなかった。胃には何もないはずなのに、お腹が空いた感覚も全くない。

今日は最悪だったけど、明日になったら少しは元気が出るかな~?

夜中にすごく喉が渇いて目が覚める。持ってきた水はぬるくなっていたから、冷蔵庫に入っている冷たい物を飲もうと思った。何て書いてあるのか分からなかったから、とりあえず量が少ないものを選んだ。でも・・・これが甘い!それも何ともいえないような変な甘さ!炭酸もキツイ。あーこんな事なら普通にコーラにしておけば良かったと後悔。とにかく喉が渇いていたからふたくち程飲んでみたが、そこで断念。明日の朝オレンジジュースを飲もうっと。

Cimg1919 Cimg1927 Cimg1991 Cimg2004

| | コメント (0)

エジプト旅行記(9)

1月25日(水)今日はみんなでシュノーケリングへ。ボートを貸切って海へ。出発前にモミに背中に日焼け止めを塗ってもらう。するとモミが驚いた声を上げる。「エモーニの背中白い!」・・・ってそんな驚く事ないでしょうがー!前から何度も言ってるでしょっ!日焼けしている顔と手以外は白いって!

昨日と違って風が強くて波が荒い。大丈夫かな? Cimg1781_1 シュノーケリングは初体験。みんなに教わりながら口にくわえて呼吸してみる。ちょっと息苦しい感じ。係のお兄さんに付き添ってもらいながらいよいよ海の中へ。やっぱり怖い。

海は綺麗だし、魚はすぐ近くで泳いでるしで、本当はもっと楽しめばいいのだろうけど、足が着かないのは不安・・・途中で引き返す。

お兄さんが背中に乗れと言ってくれた。まるで、親亀の背中に子亀を乗せて~♪って感じ?

一度ボートに戻った後、再度挑戦。でもますます波が荒くなっていて、思い切り海水を飲み込んでしまった!ちょっとパニック!!またまたお兄さんの背中に乗せてもらってボートへ引き返す。う~んもっと波が穏やかだったらな・・・

昼食後、四輪駆動車でのサファリツアーへ。いかにもサファリ?って感じの格好をした隊長(!)とガイドの人がお迎えに来た。

車はトヨタのランクル。(エジプトではよく日本車を見かける。但し、一体いつの車?と思ってしまうような、かなり年代物だけど・・・結構走れるものなのね~と感心してしまう)でも今どき珍しいカセット付。私はガイドさんがいる方の車だったのだが、ボブ・マリーの曲を掛けながらノリノリの状態。砂漠の中、わざとボコボコの所を選んで走る。

「飛ぶよ。」と声が掛かると、車は本当にジャ~ンプ!!メチャメチャ楽しい!!途中小高い丘のようになっている場所でしばし休憩。みんなで写真撮影。隊長がチエちゃんを抱っこしたポーズでパチリ。次はモミ・・・隊長!体重の軽そうな子を選んでるね!

その後また車に乗り込んで、砂漠の中で暮らしている「ベドウィン族」の所へ。本当は彼らは定住はしないのだが、ツアー会社と契約を交わして、お金と引き換えに自分達の生活を旅行客に公開しているのだそうだ。

基本的には昔同様の生活をしているそうだが、周りの環境も変わってきているのだから仕方がない事なのだろうな。ただそこの子供達が、旅行客から貰ったのだろうガムやお菓子を口にし、カメラを向けられるとピースして作り笑いをするのが悲しかった。みんなは写真を撮っていたが、私はどうしても撮る気になれなかった・・・

彼らは狭い社会の中で家庭を作るので、いわゆる奇形児が生まれてくる事が多くなっているらしく(血が濃過ぎるから)、問題になっているようだ。

ここでもラクダに乗る事が出来た。な~んだ、それならギザでわざわざお金を払って乗ることなかったな・・・なーんて思ったりして・・・ Cimg1841_2

夕日が沈む時を写真に撮ろう思い、小高い場所へダッシュしたが間に合わなかった・・・だってあっという間に沈んじゃうんだもん。今日は曇っていた為、星が出ていないのがすごく残念だった。何も邪魔するのもがない砂漠の中で、満天の星空・・・という景色が見たかったな。夕食のバーベキューを食べ、ベドウィン族の歌を聞いた後、ホテルへ帰る。 Dscf0178_1

ホテルへ戻った後、デザートを食べにレストランへ。お店のお兄さん達は私達の事をよく覚えていて、話しかけたりからかったりしてくる。

そういえばその中の一人がマチャの事を気に入ったらしく、マチャはお誘いを受けたらしい。でも断ると急に態度が変わって、話しかけるどころか睨んでくると言っていた。う~ん、お兄さんそんな事じゃ女の子にモテないよ!

帰り際、お店のお兄さんに「See you tomorrow」と声を掛けられた。私が「See you」と応えると、彼は笑って手を挙げた。でももう明日の夜はここにはいない。彼と会うのも今日が最後。明日の朝発つ事を話そうかと思ったが、言えないまま部屋へ戻った。

ベッドに入ってモミが今日までにデジカメで撮った写真を見せてもらう。旅はまだまだこれから、明日はルクソールへ移動だ。

| | コメント (0)

エジプト旅行記(8)

1月24日(火)今日は私以外はみんな体験ダイビングへ。私も挑戦してみるか・・・とも思ったのだが、海は苦手。だって怖いんだもん。

朝食をみんなと一緒に食べ、8時過ぎに玄関でお見送り。さー今日は何をしようか?とりあえず水着に着替え、その上にTシャツとショートパンツを着て海岸へ。写真を撮ったりしながらウロウロ。う~んやっぱり一人だと間が持たないかも~~他の宿泊者のように、ゆっくりと時間を過ごす事が出来ない!何かしないと勿体ないような気がしてしまう私って、やっぱり貧乏性なんだなー。

お昼過ぎにはっちゃん達と一緒にランチ。バイキングで色々つまむ。しかし、いまいちだな~パスタは何でこんなに柔らかくするんだ~?今日はヌールが風邪のため体調が悪いらしく、朝からずっとご機嫌斜め。だから一緒に遊ぶことが出来なかったので、その後また一人で海辺をウロウロ。 Cimg1775_1 ハルガダは暖かいといってもさすがに季節は冬。海水は結構冷たくて、私は足をつけるのが精一杯。他の外国人旅行者は、年配の人も海に浸かっている。お~寒・・・ブルブル・・・浜辺で昼寝をして過ごすのんびりした一日です。

夕方ホテル入口にあるラウンジでカプチーノ(とてもカプチーノとは思えないほんのりコーヒー色した味の薄~いミルクって感じで超まずい!)を飲んでいると、みんなが帰って来た。かなり疲れているみたい。しばしみんなでお茶をした後、各部屋へ。今日は夕食後みんなでハルガダの街へ行く事にした。(ホテルから送迎バスが出ている。)

ハルガダは小さな町。メインストリートの両脇に観光客向けのお店が並んでいる。今日はサッカーのエジプト戦があり、街の飲食店?のTVの前には人だかりが出来ている。まるで昭和初期の日本の街頭TVのようだ!白黒でかなり映りの悪い小さなTVで、後ろにいる人は見えるの?って感じなのに、みんな必死で見つめている。ここはあまり豊かな暮らしをしていないようだ・・・

Cimg1763_3 地元の人が行くスーパーでちょっとお買い物。安い!小さな粉紅茶は、ひと箱20円もしない・・・お土産用にまとめ買い。みんなはTシャツやスカーフ、タオルなどをお土産に買ったようだ。そして道路の横断を体験!スピードを緩めないで走る車を縫って渡る。怖い怖い!!せめて一つでいいから信号機つけて~~ Cimg1765_1

| | コメント (0)

エジプト旅行記(7)

1月23日(月)

今日はハルガダへの移動日。朝食後急いで部屋へ戻ったが、既に係りのお兄さんが部屋の前で待っていたので、慌てて荷物を整えた。ふ~っ忙しい・・・

昨日貰ったチョコレートケーキを写真に撮ってもらい、せっかくだからとモミと試食。あれっ?結構美味しい。やっぱり昨日あの超甘のチョコムースじゃなくてこっちを食べたかったねといいつつ、荷物になるのでそのまま部屋へ置いてきちゃった。もったいないが仕方ない。従業員の人が食べてくれたらいいんだけど・・・

ホテルの看板の前でみんなで記念撮影後、バスに乗り込んだ。

今日はフセインはいない。モハメド、はっちゃんとその友達のみこちゃん、そしてヌールも一緒。いざハルガダへ。

カイロ市内をバスで移動していると、たぶんサッカー選手だと思われる人達がランニングしていた。アフリカ選手権に参加しているどこかの国のチームかな?私達が手を振ると、みんな笑顔で手を振って応えてくれた。頑張れ~!

途中大勢の人達でごった返している場所を通り抜け(たぶんこれから仕事へ行く人達なのかな・・・?)郊外へ。

はっちゃんが「ここは全部お墓です。」と指差す方を見ると、何故か家が建っている。みんな勝手にお墓の上に家を建てるので、時々お墓の持ち主と揉め事が起こるんだって。って有り得な~い!日本ならバチ当りとか言われそうだし、祟りが~って感じだけど、エジプト人はお化けとか全く信じていないらしい。それにしても勝手に家を建てて住むってどういう事???

町外れにマンション建築が進んでいた。そこの地質はすごく脆いらしいのだが、そんな事は全然気にしていないようだ。国が建設許可を出す事自体信じられない!う~ん恐るべしエジプト・・・

隣の車線をバスが走っている。信じられないくらい沢山の人が乗っている。みんな何処まで行くのか、あれで途中下車なんで出来るのかな??

街中を抜けると単調な景色が続く。そうハルガダまではひたすら砂漠の中の道を走るだけ。途中バスが停車。何事かと思えばパンク!したらしい。でもそんな事は毎度の事のようで、「この前もこの辺りでパンクしたわよね。」と、はっちゃんが言っていた。 Dscf0138 予備のタイヤに交換作業中、みんなで道路の真ん中で記念撮影。砂漠の中にアスファルト道が続いているのが不思議な感じ。作業が終わると、再びバスに揺られながら目指すはハルガダ!

ハルガダのホテルは、おとぎ話に出てくるような可愛いリゾートホテルだった。クラブスタイルにしてもらった為、宿泊中はすべて飲み放題、食べ放題! Cimg1773 ここはヨーロッパからの長期滞在者が多いらしく、日本人の私達は結構珍しいらしい。従業員の人達にやたらと話しかけられた。

冬場という事もあってか、若者は殆どいなくて、年配のご夫婦や子連れのファミリーが多かった。みんなプールサイドで寝そべったり読書したりと、ゆったりと時間を過ごしていた。

モハメドとはお別れ。またカイロに引き返すらしい。仕事とはいえ大変だね~

着いたのが中途半端な時間だったらしく、レストランは準備中で、プールサイドのお店でやっと軽食とジュースにありつけた。お腹空いた~~

夕食はイタリアンレストランで。メニューの見方がよく分からなくて、オーダーするのにちょっと戸惑っちゃった・・・味はまずまず。

今日は特に何もする事がないので、部屋へ戻ってのんびり。モミは友達に葉書を書いていた。私はお風呂にゆっくり入った後、お洗濯。。

| | コメント (0)