浅草寺へ

昨日友達からのお誘いで、浅草寺へ行って来ました。

実は今年はまだ初詣をしておらず、それがちょっと気になっていました。

P1000107 P1000106 (ここ最近2日に富岡八幡宮へ行くのが恒例となっていましたから)

もう13日だから、少しは落ち着いたかと思いきや

浅草はすごい人でごった返していました。

人を掻き分けて何とかお賽銭を投げ入れ、たくさんの願い事を・・・

おみくじは「末吉」

今年は何かを始めたりするのは良くないし、旅行もやめた方がいいらしい・・・

ジッとしているのが一番のようです。

仲見世通りは外国人観光客などもたくさんいました。

考えてみたら、浅草は観光地なんですよね~

揚げまんじゅうとみたらし団子を食べながら、あちこちのお店を見て歩きました。

友達がかわいい和柄の靴下を購入。

私は猫柄のポーチを買おうか迷いましたが、結局買わずじまい・・・

昨日はかなり寒かったので、早々に引き上げました。

でも気になっていた初詣が出来て良かった(´▽`) ホッ

1年に1度くらいはお参りしないとね~

| | コメント (2)

めがねデビュー

最近目の調子が悪く、近くのものがぼやけて見えにくいことがある。

それは常にというわけではなく、日によって、時間帯によってなのだが、

その頻度がちょっと多くなったような気がしたので、

先日久し振りに眼科へ行って来た。

結果、「遠視」の症状が出ているからという事だった。(特に左目)

近くのものが見えにくいという事は「老眼」?とも思ったが、

遠視は目の構造上の問題、老眼は目の機能の問題で、まったく別らしい。

老眼は遠くがよく見えるが、遠視は症状が進むと遠くも見えにくくなるんだって。

目には調整機能があるので、子供の頃や若い時(!)は

視力検査の時、問題がないような結果になるのだが、

年齢とともにその調整能力が衰えてくるので、その時に遠視だと気付くんだとか。

遠視の人は近くを見る時も遠くを見る時も、常にピント合わせをしているので

眼精疲労になりやすいらしい。

会社で1日中パソコンの画面を見て仕事をし、

家でもこうしてパソコンの画面を見ているんだから、疲れるのは当たり前か・・・

だから夕方~夜とか、週末になると特に症状が出るのかな。

眼科では、目が疲れるようならメガネをかける方がいいかもと言われた。

初めてかけるとフラフラする人も多いので、

度の弱いメガネで慣れておくのもいいのでは・・・との事だった。

というわけで、今日出掛けたついでにさっそくメガネを買いに行って来た。

まあとりあえずはそんな高い物は必要じゃないし、1日中かけるわけでもないので

会社の友達に教えてもらったZoffというお店へ行ってみた。

レンズ付で5,250円~ととてもリーズナブルなお店で、店員さんがみ~んな若い!

初めてなのでどんな物がいいのか分からず、

一番近くにいた結構イケメンのお兄さんに聞いてみたのだが、

まだ慣れていないのかあんまり役に立たず、

今日は買うのをやめようかと思いながら見ていると

やっと相談に乗ってくれる可愛いお姉さんが来てくれて

なんとか無事初メガネを購入出来ました~

初めは、ちょっとポップなデザインのものにしようかとも思ったのだがPhoto_137

結局あまり違和感のない細いフレームのものにしました。

これで夜も本が読めるようになるかなぁ~

しかし・・・眼科で言われた通り、座っている時は問題ないが

メガネをかけた状態で歩こうと思うとフラフラするよ~~~

| | コメント (2)

今日はお休み

今日は有休を取ってます。ちょっとだけ用事があったのですが、それも済み今は銀座のアフタヌーンティーで一人お茶してます。
お店は女性客でほぼ満席。私と同じように、一人の方も結構います。
友達用にバレンタインのチョコを買って、あとはブラブラするつもり。
今日は、友達が誕生祝いに飲みに連れて行ってくれるんです。広島風お好み焼きの店に行く予定です(^-^)

| | コメント (2)

どうして・・・

カンニングの中島さんが白血病で亡くなった。

復帰に向け一生懸命頑張っていたという事なのに。

私の知人にも急性白血病になった人がいる。

メーカーさんの営業担当者の男性で、やはりまだ30代。

はじめその事を知らされた時、正直もうダメなのかも・・・と思ってしまった。

でも彼は元気になり、今ではまた営業として働いている。

今年秋、出張で東京に来た彼が私の会社に挨拶に立ち寄ってくれた。

「やっとここまで生えてきたんですよ。」と、産毛のような髪に

恥ずかしそうに手をやりながら笑っていた。

(副作用で髪が全部抜け落ちたのだろう・・・)

以前よりかなり痩せていたが、元気そうな姿をみて本当にうれしかった。

でも、彼は今後も再発の危険と闘い続けなければいけないのだろう。

一昨年の夏、私は癌で友達を失った。(白血病ではないけれど)

彼女は本当に頑張り屋さんで、しっかり者で真面目な女性だった。

年はちょっと離れているのだが、映画好きテニス好きと好みも合い、

考え方が似ているところもあり、すごく気が合った。

彼女はとても前向きで、自分が癌である事を知り

「長生きするために手術する。」と言って、抗がん剤での治療ではなく、

再発の危険を回避するため骨盤の中の臓器を全部摘出し

人口肛門をつけるという大手術を受けた。

(彼女の場合、臓器と臓器の間という微妙な位置に癌があった為。)

私は毎日でも病院に行って彼女を励ましたかったのだが、

元気に自分一人で動けるようになったら連絡するから・・・と

家族以外の人とは距離をおいていた。

実際、彼女が手術のため入院する2日前に偶然私が電話をしたので

話してくれたのだが、本当なら誰にも言わないつもりでいたらしい。

親戚にも話していないと言っていたから・・・

だから私は何度か彼女に手紙書くことしか出来なかった。

術後の経過は、彼女の実家に電話をして確かめ、

退院の日も聞くことが出来たので、その日自宅へ花束を贈った。

彼女からはお礼の手紙が来て、自分の現在の様子などが書かれていたのだが、

残念ながらそれが最後になってしまった・・・

その後何度か入退院を繰り返し、結局あんな大手術を受けたのに

全然違う場所、「肺」に転移して亡くなってしまった。

どうして世の中は不公平なのだろう。

人を殺めても全然何とも思わないようなバカな奴がのうのうと生きていて、

彼女やその他、本当に生きるために頑張っている人から命を奪ってしまう・・・

どうして?何で?どうして?どうして?

中島さんのニュースを聞いて、改めて思ってしまいました。

| | コメント (1)

研修

昨日・今日と会社の研修だった。

事前にレポートを提出し、それについて当日みんなで討論したり、

グループに分かれて与えられたテーマに沿ってレポートをまとめたり・・・

会社に入って初めての事だったので、

最初は戸惑ったし、面倒だなーと思ったりと

かなりマイナスな気持ちしかなかったのだけど、

普段会う事のない支店や営業所の人達と会えたのは

意外と楽しかった。

そこで分かったこと。やっぱり関西人は面白い!!

初対面だったけど、めちゃ盛り上がった!!

土曜出社はすっごくムカついたけど、色んな人と出会うのは

楽しいことだね(^0^)/

| | コメント (2)